人に見せる運転免許証だからこそ

あなたらしい写真にしませんか

みんなに見せたくなる免許証のイメージ写真
みんなに見せたくなる免許証

見るたびに見とれる免許証に。

持込写真による新しい免許証イメージ

 論より証拠。持込写真で更新した免許証を見てみましょう。一目瞭然。光が綺麗に回り、気になるしわや肌のくすみもめだちません。これから5年間誰にでも見せたくなる運転免許証になったとお喜びいただけました。次の写真が5年前の更新時の免許証です。光が足りず、不健康にさえ見える表情。お顔もほんの僅か左を向いてしまっています。

 三次元で見る肉眼と違い、二次元の写真は明暗や凹凸がより強調され違和感を生み出します。また運転免許センターではポートレート向けでは無い広角レンズで撮影するため、パースがつき、やや目が小さめに、頬骨と鼻がやや強調されているのが分かると思います。お化粧の違いもありますが、5年前の免許証の方が年齢も上に感じてしまうほどです。

更新前の免許証のイメージ

 就職活動では、ほとんどの方が証明写真に気を遣います。またパスポートも長く使うものだから。と多くの方が写真を気にします。一方、長く付き合う事では同じにもかかわらず、運転免許証の写真に気を遣う方は驚くほど数少ないのが現実です。
 「見るのも嫌」「見せるのも嫌」「何か犯罪者の様・・・」などと酷評されているにも拘わらずにです!

 これは多くの方が、「証明写真を持ち込める事を知らない」からでは無いでしょうか?事実、カメラマンでも知らない人が多く、また免許証の更新時期が一定期間に限られる事も一因でしょう。持ち込めることはなんとなく聞いたことがあっても、更新時までには忘れてしまい、気づいたときには間に合わないと言う現実があるのかも知れません。

証明写真ボックスでの写真イメージ

ボックス写真では!?

 お客様のご協力を得て、比較のため証明写真ボックスで写真を撮って来ていただきました。一枚目の運転免許証と同じ日に撮影した写真です。以前より相当に性能の良くなった最近のボックスですが、やはり長期間使用する写真としては、もう一つの印象ではないでしょうか。狭い証明写真ボックスでは広角レンズを使わざるを得ないため、その特性から相対的に鼻が大きく目が小さく写るのです。またライティングもかなりよくなりましたが、実際の写りは免許センターでの写真(更新前の免許の写真)と大きな違いを感じられません。鮮やかな青いお洋服の色も暗く写っています。これでは、お写真を持ち込むメリットは無いと言言えるでしょう。

運転免許証 その1
持込写真による運転免許証 その1
運転免許証 その2
持込写真による運転免許証 その2
運転免許証 その3
持込写真による運転免許証 その3
運転免許証 その4
持込写真による運転免許証 その4
運転免許証 その5
持込写真による運転免許証 その5

運転免許証用証明写真プランに含まれる内容

撮影前のカウンセリング
お支度スペースのご利用(30分まで)
”5灯ライティング”による高品位撮影
(心ゆくまで撮影いたします。)
証明写真プリント5枚(カット済、サイズ混合可能)
お写真データ(メール添付)
ポイント・デジタル修正
(ニキビ、ニキビ痕、目のくま、目の充血など)
翌々日15:00仕上がり

近隣都県の写真持込に関する情報はこちらから