柿の木坂証明写真スタジオ・ロゴ

撮影ご予約
03-5726-8528

第一印象が大事、就活写真

For the best first impression

就活を優位に進めよう
写真で何が変わるのか?

撮影前のカウンセリングで、志望する職種、ご自身の気になるポイントを伺います。

自撮り・ボックス写真は就活に不向き?

履歴書(エントリーシート:ES)に必要な証明写真。採用担当者が皆様と直接会う前に、最初に見るのが証明写真。後述の担当者の方も言うように、自撮りやSNSからのコピペはこの際、論外としても「証明写真ボックス」も要注意です。理由は色々ありますが、「大切な証明写真には耐えない」の一言に尽きるでしょう。レンズ然り、ライティング然り、表情の捉え方然り。私どもカメラマンはもちろんですが、採用担当の方も、証明写真ボックスで撮った写真はすぐ分かると言います。自撮りに共通する事ですが、自然で客観的な表情を捉えるには、レンズからお顔まの距離が短かすぎるのです。これによってデフォルメされたお顔は、大切な証明写真にはふさわしくないでしょう。証明写真ボックスの良さは、手軽さ、急ぎの場合の間に合わせ、安価に在ると言えます。反面、しっかりとした就活用にはやはり不向きと言えるでしょう。

柿の木坂・証明写真スタジオはどう撮るのか

もちろん中身が在ってこそ。それでも、第一印象は大きなウェイトを占めてきます。

就活用の写真に皆様が求めるものは何でしょうか?それはご自身に自信を持てる事。そして企業の採用担当者に良い印象を持ってもらえる事ではないでしょうか?それにはどうすれば良いか?自分の第一印象はどうなのか?改めて考えてみると意外に難しいものです。

その一つのファクターは客観性です。自分を見るのには鏡が必要です。相対距離で1〜1.2メートル位です。でも、私たちは不通、それほど近距離で他人を見る事は稀です。仲の良い友人に協力してもらうと分かりますが、2メートル離れて見る友人の顔と、1メートル離れて見る同じ友人の顔では、眼と鼻の大きさの比率がかなり変わる事に気づくでしょう。遠近法の道理なのですが、これはご自身でも同じです。言いかえれば自分自身が見る顔は、他の人が見ている顔とではずいぶん印象が異なるのです。それをベースに自撮りをして”ご自身として”最良の表情が出来ても、他人の目線からとは違ったものなのです。そこで求められるのは、客観的に一番よい印象を写しとめると言う事になります。ポートレートに適した2.5メートルとはこうした理由から成り立ちます。すると中望遠のレンズが必要になり、さらに髪の毛を艶やかに表現し、あごの下に出来る影を和らげる為に適切で自然なライティングが、また皆様のより良い表情を引き出す為に良い撮影場所の雰囲気、さらに安心の会話力、「カメラマンの技術」ももちろん重要です。そしてフォトショップを始めとした高度なソフトウェアを扱う技術も欠かせません。
私たち柿の木坂・証明写真スタジオのスタッフは皆、結婚式で新郎新婦を20年近く専門に撮影して来たポートレートが専門のカメラマンです。皆さんご自身さえも、もしかしたら気づいていない「一番良い表情」を引き出し、明るく自信にあふれるお写真をお撮りしています。是非、安心しておまかせ下さい。

ある採用担当者の実際の話

採用担当者は、沢山の文字と写真を見ています。

履歴書に貼付されている証明写真が選考に影響するものか、大手・中小企業の採用担当者の方の声を聞いた事があります。結論から言えば、「写真だけで合否を決めることはないが、選考基準の1つにはなる」との事でした。その基準とは、「髪形、顔の向き、目線、服装(身だしなみ)、丁寧な取り組み、から受け取れる常識度」との事でした。履歴書(エントリーシート)には一定の書式があり、正しく丁寧に作成しているかどうかも、その人を測る目安になり、写真に関しては、写りだけで無く、所定のサイズで断裁されているか?真っ直ぐに貼られているか?糊がはみ出ていないか?すぐ剥がれてしまうような貼り方をしていないか?などの「常識」をチェックするポイントになるとの事。また余談として、字も上手・下手より丁寧か否かを見ているとの事で、ワープロで作成された履歴書は、ニュートラルよりは下の評価をするとの事でした。
 おもしろいのは「新卒の方の履歴書」の方が、より丁寧な文字で、また証明写真もきちんとした写真が貼られているのがほとんどとの事です。それでも毎年必ず、数名は明らかにスマホでの自撮りの写真だったり、さらに極端なケースではfacebookのプロフィールフォトそのまま・・という強者もいるとの事で、さすがにこれは厳しい。と判断されるようです。

ページトップへ戻る